団地詳細情報

高根台団地


  • 憧れのテラスハウスに住める! そしてポイントハウスにも!
  • というだけではなく、起伏のある牧歌的な地形に散りばめられた住棟の雰囲気が、感動的に素敵です。
  • 広大な芝生と、広い空、大きな樹木に、古い建物が良く似合います。
所在地 千葉県船橋市高根台3-2 他
家賃 41,200円〜52,700円
面積 39平米〜48平米
交通 新京成線「高根木戸」駅 徒歩10分/新京成線「高根公団」駅 徒歩16分又はバス3分徒歩1分/新京成線・東葉高速鉄道「北習志野」駅 徒歩10分又はバス6分徒歩1分
築年数 1961年8月~1963年8月
総戸数 3029戸



高根公団の駅から2駅またいで北習志野の駅近くまで広がる広大な団地。

今ではすっかり貴重になったテラスハウスが並びます。

レトロな建物が並ぶ丘。懐かしいけど見たことのない風景。

手入れの行き届いた芝に、松。というのも独特な雰囲気。

ポイントハウスから見た敷地と、その向こうに広がる住宅地。

テラスハウスの2階。内装も昔の雰囲気が残っていてかわいい。

テラスハウスの間取り。

団地概要/丘の起伏に散りばめられたハコ

新京成線の高根公団駅。
駅名からして公団と名づけられたこの駅前から、広大なこの団地が始まります。

最初に現れるのは、駅前に1棟だけ。
本当にこれも団地の中の1棟なのかと思いながら、なだらかな丘を東へ。

すると、丘をゆっくり進むにつれて、住棟がポツポツと姿を見せます。

始めは右手、住宅街の中に数棟が。
その後、左手にこの団地の広大な敷地が姿を現すのです。

しかし、かつて300棟ほどあった住棟の中で、
現在、居住可能な住棟は120棟ほど。

残りは新しい住棟への建て替えが決まっていて
現在(平成23年末時点)、すでに新しく建っている住棟もいくつかあります。

ただ、幸いなことに173号棟以降の建物は、当面建て替わらないことが決まり
この牧歌的な風景も、しばらくの間は守られそうです。

特徴的なのは、その規模もさることながら、やはり地形をそのまま残した
起伏に富んだその敷地。

そこに、今では珍しくなった、テラスハウスや、ボックス型のポイントハウスが
散りばめられた風景は、懐かしく感じるけれど、見たことのない光景です。

敷地の中心部あたりが、地形的にも、建物的にも一番の見所で
テラスハウスとポイントハウスもここに配置されています。

その東側には、階段室型の横長な住棟が並び、
さらに小中学校と大きな公園を挟んで、飛び地状に、
また階段室型の住棟が配置された敷地が続きます。

団地の中心には、スーパーといくつかの店舗があって
スーパーは朝6時から23時までと、この場所にしては驚異的な営業時間。
他の店舗もしっかり営業している様子です。

この団地の住棟設計は建築家の津端修一氏が行なったそうで、
あの阿佐ヶ谷住宅の配置計画も手がけた、津端氏ならではの
納得の設計が楽しめます。

特に景観上のアクセントになるポイントハウスは、丘の中腹に
点在するように配置されて、陽の光をサンサンと浴びて気持ち良い空間。

そして丘の上には、テラスハウスが等間隔にリズム良く並んでいて
軍の基地の中の住宅のような光景がかっこいい。

芝生の雰囲気も手伝って、団地全体が日本ではないような景色に感じます。

周辺環境とアクセス/一通り充実しています

最寄りの高根公団駅は、大きくはないですが、比較的大きなスーパーの入った
複合施設があり、ファミレスなども入っていて、便利そうです。

小中学校や、幼稚園も団地に隣接していて、病院も近くにいくつか。
子育ての環境もなかなかでしょう。

そして、比較的大きな公園も団地の周りにいくつかあります。

また、高根公団駅の隣、高根木戸駅にはイオンがありますが、団地からの距離は高根公団駅よりも遠くなります。

さらに1つ隣には北習志野駅があり、こちらは買い物もかなり充実していて、
交通的にも利便性が高そうです。

団地の中の、東側の飛び地の部分からは、北習志野駅の方が近いので
こちらに住んだ方が良い、という方もいるかもしれません。

また、高根公団駅と北習志野駅の間は、1時間に3本程度のバスで
結ばれていて、このバスは団地の中を通るので、利用することが可能です。

団地の周辺は、住宅街。
そして団地よりも奥は農業なども残る地域のようです。

ココがポイント/風景を楽しむ

住棟のバリエーションの豊富さもさることながら
やはり、この団地の魅力は、芝生の敷き詰められた牧歌的な起伏。

そこに憧れのテラスハウスや、ポイントハウスが映える風景は
本当にのどかで、美しく、何と言ってもお薦めのポイントです。

各住棟の室内も、古い良さがそのまま残された部屋が多く
これも嬉しいポイントの1つ。

特に、木の内装が沢山残るテラスハウスは、とても雰囲気が良くて
お薦めできると思います。

ただし、設備面や間取り的に、古い分使い辛い部分もあるので、
この点は注意が必要です。

また、階段室型の住棟も、住棟の間隔が充分に取られていて
明るく快適に過ごせると思います。

借り方のコツ/テラスハウスとポイントハウス

やはり、借りるならテラスハウスか、ポイントハウス。

特にポイントハウスは、敷地にポツポツとゆとりを持って配置されて
周囲の抜けがかなり良いので、お薦めです。

上の方の階からは、他のポイントハウスやテラスハウスなども一望にできるので
団地を眺めて楽しむのにも、もってこい。

やはり団地に住む楽しみは、団地を眺めて暮らせるところにあるでしょう。

そして、憧れのテラスハウスも。
住棟間隔はさほど広くないですが、充分な大きさの庭が付いていて
明るさも充分。内装も雰囲気があるので、素敵な暮らしを
作り出すことができそうです。

【この団地の物件情報は、東京R不動産で紹介しています。】
http://www.realtokyoestate.co.jp/estate.php?n=8115
http://www.realtokyoestate.co.jp/estate.php?n=8116