団地詳細情報

目白団地


  • 都心でみつけた小さなオアシス。
  • 小さいけれども、団地の良さがコンパクトに凝縮されたかのような単身住宅。昭和のシェアハウスと呼べるほど、狭小の個室に、魅力的な共用部がある建物です。
所在地 東京都豊島区目白2-27-13
家賃 25,500円〜30,600円
面積 11平米〜13平米
交通 JR山手線「目白」駅徒歩5分/JR山手線「池袋」駅徒歩9分
築年数 1959年11月
総戸数 206戸



中庭を囲むようにコの字型の住棟が配置されている。

エントランス側のギザギザファサードが目印。

ピロティを抜けて発見した、秘密の花園。

中庭に面するロビーの家具のセレクトが意図せず素敵!

銭湯並に広い大浴場。

階段室を照らすのはトップライトから落ちる光。

シンクが◯い!

3畳のお部屋。

間取りは和室タイプと洋室タイプの2種類。

団地概要/昭和的シェアハウス?

団地と呼ぶには小さすぎる、けれどもこれも旧公団住宅のひとつの形態です。

「市街地住宅」と呼ばれるそれらは、普通のビルと同じように建っていて、
都内だと六本木や田町、青山、大阪などでも見かける都市居住の形態です。

1棟建てながらも、この目白単身住宅には、
郊外型の団地にも負けない、魅力的な空間があります。

まず目に飛び込んでくるのは、ファサードのギザギザとした形状のバルコニー。
建蔽率(敷地の大きさに対する建物を建てられる範囲)ギリギリまで建物を建てるために、
バルコニーの面積を抑えながら、奥行が狭くならないよう、
道路側の住戸には三角形のバルコニーがくっついています。

1階のピロティから東西にエントランスがあり、東側には広いロビー。
ピロティの先には緑の庭園が広がっていて、
それを取り囲むように建物がコの字に配置されている、リッチなつくり。
東側が女子棟、西側が男子棟です。

そして、中庭はさながら、秘密の花園。
色とりどりの花が咲きほこり、艶やかな風景を作り出しています。

目白駅から 5分の場所に、こんな豊かな庭があるなんて!

ロビーは庭園の景色を望む、まるでホテルのようなインテリア。
カリモク調の黒いソファーとテーブルのセレクトがこれまたリッチ。

さて、そのリッチさと対照的なのが、個室です。
1階の半分と2〜4階にずらっと個室が並んでいますが、
全て、わずか11〜13平米の3畳1間のシンプルな極小空間。
設備もこれまた極小の流しと靴箱と押入れのみ。

間取りはこのタイプのみという潔いつくり。
無駄なものは一切無く、削ぎ落とされたストイックな空間。
寝るためだけに用意された空間といっても過言ではないでしょう。

ですがそれ故、共用部の魅力が引き立つのでしょう。

今のシェアハウスにも通じる、昭和的都市居住。
古いけど、かなり新鮮な生活が送れそうな予感がたっぷりです。

周辺環境とアクセス/目白の高級住宅地にひっそり構える

目白駅から徒歩5分。
池袋との中間地点に位置するこの建物は、
JRと西武池袋線が交わる高架の近くですが、
電車の走る音はそこまでうるさく感じません。

駅の東側には学習院大学の緑が広がる清楚で静かな街。
都心の狭小な棲家としては、贅沢すぎる立地です。

目白の高級住宅地の一角に、昭和34年に建設されたこの建物。
50年以上もの間この地に佇み、東京の変化をずっと見守ってきたかと思うと、
なんか不思議な気分になります。

都心の狭小敷地で、建物の高さだけが伸びていく今とは違い、
水平方向に伸びやかに、ゆとりがあった時代・・・

その豊かさを今に残している建物です。

ココがポイント/人生のある一時、住んでみる

長くは住めません。
定期借家で更新ができないということもありますが。

現代でいうシェアハウスのような、人生のある一時に住まう、仮住まいに近い感覚です。
部屋は3畳しかなく、トイレ・風呂は共同。
流しは手洗器くらいの大きさしかなく、ガス台なしというミニマムっぷり。

でも、今にも床が抜け落ちそうなボロアパートの3畳暮らしとは違う、
全く別次元の豊かさがここにはあります。

その削ぎ落とされたプライベート空間とは対象的な豊かな共用空間。

1階のロビーは悠に100人は平気でパーティーできちゃいそうなほど。
中庭に面して開けていて、まるでヨーロッパの古いホテルのような雰囲気すら漂います。
BBQ、クラブイベント、フリマや朝市、カフェ・・・
いろんな使い方を勝手に妄想しちゃいます。

そして、ロビー横の受付には管理人のおばちゃんがいて、なんかほっとします。

地下一階には大浴場。
これがまたすごい広さ。普通に町の銭湯並み。

昭和レトロなディテールも見逃せません!
シャワーや水栓、脱衣室のロッカー、そして体重計! ぜひ乗ってみたい!

綺麗に清掃されていて、管理も行き届いていて安心。
うーん、風呂なしでも逆にいいと思えるほど。

さらに印象的なのは、共用階段。
天窓や高窓からの光は、まるでフェルメールの絵画のような陰影を作り出しています。

廊下や洗濯室、トイレにも各所にレトロなアイテムが隠れています。
分電盤の丸い表示窓や、洗濯室の框戸のガラスに刻まれたサイン、
木毛セメント板の天井、玄関横の木製の郵便受け? のような入れ物。

お部屋のスチールサッシや手洗器のような流し、流し横の擦りガラスもかわいらしい。
レトロ好きの心をくすぐるポイントが満載です。

狭小生活ですが、人生のある一時だけでも住んでみたくなる建物です。

借り方のコツ/狙いすませ!

オススメはもちろん中庭に面した住戸。
部屋は小さくても十分な抜け感があって、窮屈さは感じません。

間取りは2タイプ。これまでの和室タイプに加えて、2014年に洋室タイプが誕生しました。
こちらも、メープル柄のフローリングが究極にミニマムな空間に合っています。
改装されても、丸いシンクのキッチンやスチール窓は健在。
また、洋室タイプにはクローゼットが設置されています。
エアコンも窓付けでなく壁掛けタイプが設置できるようになり、使い勝手が良くなりました。

さらに嬉しいポイント。
共同浴場の利用可能日が大幅に拡大され、水曜以外の曜日で利用できるようになりました(第1・第3金曜日、年始 1/1~1/3 及び祝日を除く)。ただし、日曜と年末(12/29~12/31)はシャワーのみ利用可となります(お湯が出ます)。
夏場(6月末〜9月末)は、水曜はシャワーのみ利用OK(ただし水しか出ません)。

ところで、いくつか注意点もあります。

トイレ、風呂共同。洗濯機も共同です。

エアコンはついておらず、入居者負担で設置可能。
流しはガス栓がないですが、IHの置型コンロの1口タイプならギリギリ置けそうな大きさです。

ちょっと現代離れしたスペックですが、それでも住みたいという方向けのマニアックな団地です。


  • 01
  • 02
  • 03
  • 04
  • 05
  • 06
  • 07
  • 08
  • 09
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 32
  • 33
  • 34
  • 35
  • 36
  • 37
  • 38
  • 39
  • 40
  • 42
  • 43