団地詳細情報

花山東団地


  • これほどまでに、正面切って山に向かい合う団地があるでしょうか?
  • 六甲山地の山間にあるこの団地は、そそり立つ山に向かって
  • まるでめり込むように建っています。
  • 団地の中も外も、木々が溢れる自然環境。
  • それが、三宮からたった数駅で、しかも駅から徒歩で
  • というバランスの妙が、なんとも気になる団地なのです。
所在地 兵庫県神戸市北区花山東町1~3番
家賃 33,100円~69,600円
面積 30平米~95平米
交通 神戸電鉄有馬線「花山」駅 徒歩約10分(斜行エレベータ利用時間を含む)
築年数 1976年3月~1984年4月
総戸数 1,250戸



小学校と幼稚園を中心に、大きく3つのエリアに分かれています。

前にも後ろにも雄大な山々が連なっています。

山と団地が作り出す風景は、まさにこの団地ならでは、と言えそう。

自然の中の広大な敷地で、こんな小道を散策するのも楽しそう。

これだけ山の中なのに、敷地の中にも公園や広場など、いたるところに木々が。

駅からのアクセスは、橋を渡り、筒状の斜行エレベーターで斜面を上って。

最前列の住棟では、窓のすぐそばまで森が迫っています。

和室が多いですが、うまく活かして使ってください。上のメゾネットタイプもお薦めです。

団地概要/六甲山地を仰ぐ団地

最寄り駅は、神戸電鉄有馬線「花山」駅。
川の流れる谷に沿うように走る電車を降りると、そこに広がっているのは
まるでひなびた温泉地のような風景です。

左右に広がる、雄大な山並み。
谷に沿って走る有馬街道と、神戸電鉄。
駅員のいない、小さな改札を出て眺める風景に、建物の影はまばらです。

実は、上から眺めると、周囲には新興住宅地がいくつか見えるのですが、駅を出たときに感じる
圧倒的な大自然感と、ひなびた感は、驚きでした。

そして、そんな山並みに潜り込むようにして、森の中に埋まっている団地が
この花山東団地です。

駅から団地に向かうと見えるのは、11階建のボックス型住棟が2棟。
頭の部分だけがわずかに見えています。

そこへアクセスする道は・・・と見回すと、谷を越えて団地の方へと一直線に伸びる橋が1本。
さらにその先に、物々しいパイプが2本。団地に向かって斜面を駆け上がっています。

このパイプの正体は、斜行エレベーター。
これで団地まで一気に斜面を上がることができるのです。

団地内は、大きく3つのエリアに分かれています。
駅から向かうと、まず小ぶりなスーパーと、小さな商店街のある広場に出ます。
ここには店の他に、管理サービス事務所や、駅から見えた2棟の住棟があって
団地の中心のようなエリアです。

そこから南に向かって斜面を上るように進むと、10号棟から24号棟までの棟が集まるエリアが。
西側には、小学校の敷地を挟んで、飛び地のように1号棟から9号棟が集まっています。

敷地内の高低差は、かなりのもの。
南のエリアへも、急な坂を上って行きますが、西側のエリアは見下ろすほどの位置にある小学校を挟んでさらに先です。

また、建物のタイプで見ると、団地は4タイプに分類ができます。
西側のエリアにあるのは、スキップフロア型と呼ばれるタイプの住棟。
このタイプは、各階ではなく、数階おきにエレベーターの停止階がある住棟です。
南側のエリアも、17号棟から24号棟と、10号棟から12号棟は同じくスキップフロア型。
それ以外の南西側にある13号棟から16号棟は階段室型の住棟です。
ちなみに、25、26号棟のボックス型住棟は各階にエレベーターが止まります。

高低差のある敷地の中には、公園や広場などもあり、緑が溢れていますが
それよりも何よりも、団地全体が南に迫る六甲山地を目の前にして、
反り返らんばかりに建っているような印象です。

周辺環境とアクセス/3駅でも20分

最寄りの花山駅までは、三宮からたった3駅。
神戸市営地下鉄から北神急行に入り、谷上駅で神戸電鉄有馬線に乗り換えです。

乗り継ぎも比較的良い印象で、所要時間は15分から25分ぐらい。

でもたった3駅なのに、なぜこれだけ時間がかかるのか?
それは、新神戸-谷上間の北神急行が1駅約8分、ずっとトンネルだからです。

これで、一気に六甲山地をくぐって、真ん中の山間へ。
周りをぐるり山に囲まれた、団地のあるエリアまで運んでくれます。

新幹線の停まる新神戸から1駅でのこのギャップは、ちょっと驚き。気候も確実に違います。
でも、意外と終電は24時ぐらいまでありそうなので、一安心。

さて、一気に山の中へ飛び込む団地での生活環境は?

まず、買い物。団地の中にはコープがあって、日常の買い物はここですることになりそうです。
ただし、スーパーとしては小ぶりなので、最寄りの大型店舗となると、1つ奥の大池駅まで。
ここには、マックスバリュがあり、ダイソーやドラッグストアもあるので、一通りの買い物ができそうです。
それから、1つ手前の谷上駅には、スーパー「食彩館」、駅の付近には、コーナンとseria。
これで、日曜大工から食品まで、大体事足りる感じでしょうか。

あとは、三宮に出てのんびり買い物。という感じの暮らしになるのかなと思います。

団地の中には、小学校以外に、幼稚園もあって、この2つを囲むように住棟が配置されています。
小さい子供は、団地から出なくても過ごすことができるので、安全面でも良さそうです。

また、南には山が目前に迫っていますが、山と団地の間には高速道路が走っています。
と言っても、ほとんど木々に覆われて、気配を感じることはありませんでしたが、
一番南側の住棟だと、少し影響があるのかもしれません。

ちなみに駅は・・・
駅前には小さな広場があって、店が一応2つ3つ。
あとは自動販売機があるのみです。

電車は日中だと1時間4本程度。
朝晩は、1.5倍ぐらいの本数になります。

あと、団地に渡る橋のたもとには、すっごく小さなパン屋が1つ。
そんな素朴な環境にある団地です。

ココがポイント/でも、歩ける

とにかく、こんなに真正面から山に向かい合ってる団地もめずらしいぐらい
ギリギリまで山に迫っている団地です。

こんな環境なので、子供も大自然の中で、虫や植物に触れながら
感受性豊かに育ってくれそう。

そして、大人も。
毎日、雄大な景色を眺めながら過ごす暮らしは素敵です。
神戸市内であれば通勤に不便もないと思いますが、家で仕事をする人にも
自然に囲まれるこの団地の環境は、きっとプラスになる気がします。

ちょっとした別世界感が味わえる団地。

そして、そんな団地が駅からバスにも乗らず、歩けるところにある
というのが、この団地の一番のポイントでしょう。

ちなみに1つ手前の乗換駅、谷上駅からも歩くことができて、団地までの距離は
17分から30分です。

借り方のコツ/意外と手前にお薦めアリ

こんな団地なので、やっぱり気になるのは最前列。
山だけと向き合う暮らしは、どんな感じか?

期待に胸を膨らませていたのですが、結論から言うと、意外と手前がいいのかも、と。

最前列も、カーテン要らずでプライバシーを完全確保。
なかなか理想的ではあるのですが、近すぎると景色というより、葉っぱなのです。
見えるものが全て葉っぱ。

それよりも、もう少し引いてみて、手前に良い住棟がありそうです。
駅に近くなるのも嬉しいし。

ということで、お薦めの住棟は・・・

まず、一番手前の25、26号棟。ここの上層階はかなりの眺め。
25号棟東側、26号棟西側は特に良いと思います。

そして、23、24号棟。公園が前にあって南側の住棟とも距離が保たれていて、
下の方の階でも、気持ち良く暮らせそうです。
公園にも木々が茂り、ホッとする窓辺です。

それから、ピンポイントで10号棟の西側上層階は、前が抜けていて山ビュー。
10、11、12号棟の7、8階なら同じように抜けがあって、眺めが良いと思います。

面積と間取り的には、一人暮らしサイズからファミリータイプまで。
50平米を超えるタイプは、2区画をつないだタイプですが
この中では、上下2区画をつないだメゾネットタイプが良いと思います。

また、この団地にはPetit(プチ)DIYという、手軽に改装を楽しめる仕組みの対象住戸も
あるので、部屋を改装して自分らしい暮らしをしたい、という人にもお薦めです。

この団地の詳しい物件情報、入居申し込みはこちら

団地詳細情報ページ

お問い合わせ先(空室確認・住宅の仮予約・内覧ができます!)
花山東現地案内所 078-581-8015
(10:00〜17:00 水休)

UR団地の借り方のコツはこちら


  • 01
  • 02
  • 03
  • 04
  • 05
  • 06
  • 07
  • 08
  • 09
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 32
  • 32
  • 32
  • 32
  • 32
  • 32
  • 32
  • 32
  • 32
  • 32
  • 32
  • 32
  • 32