団地詳細情報

森之宮団地


  • 大阪の都心部に立地する「森之宮団地」。
  • 大阪城のみえる高層階の住戸での暮らしは、まさに殿様気分!?
  • 都会なのに広い敷地と緑が豊かな、都会のオアシスのような団地です。敷地内にはショッピングセンターや公共施設も揃っていて、まるで小さな都市のような団地です。
所在地 大阪府大阪市城東区森之宮1
家賃 52,400〜82,100円
面積 34平米〜69平米
交通 大阪市営地下鉄中央線・長堀鶴見緑地線・JR大阪環状線「森ノ宮」駅 徒歩5分
築年数 1967年8月~1968年6月
総戸数 933戸



都会なのに2haの敷地を持つ面開発団地。

ルーバーのような何かが出っ張る外壁。

都会の木陰は気持ちいい!

H型の池。

3号棟高層階の西側住戸からは……

大阪城とグリーン!

シンプルにリノベーションされカスタマイズ性もある住宅「STAY+(ステイタス)」

シンプルにすっきりとした間取りの「STAY+」

団地概要/森之宮ヒルズ!?

大阪環状線「森之宮」駅から歩いて5分、大阪城公園の目と鼻の先にある森之宮団地。
11〜14階建ての高層団地が5棟、ほどよい抜け感で建っています。

外から見ると無機質な団地に見えますが、中に入り込んでいくと、いつの間にか森のように緑が広がっていく感じ。住棟の間には公園や緑豊かな街路があって、団地に住んでいなくとも、毎日通り抜けたくなるような居心地の良さです。

都心なのにこのグリーンとゆとりの所以は、その昔、大阪城公園周辺に点在していた旧陸軍省の施設のひとつ、城東練兵場・大阪砲兵工廠跡に建設されたため。

なにを隠そうこの団地、実は1967年築の面開発の高層団地の第一号物件。

面開発とは、都心部から郊外に移転した工場跡地を利用して、高層の住棟を複数建てることで、高度利用と都市部の再開発しようという取り組み。それまで都会にも団地は建っていたわけですが、用地を借地で仕入れていたり、面積が限られているため、一棟完結型だったわけです。(これを市街地団地といいます)

この一棟型の市街地団地とは異なり、大きな敷地(なんと2ha!)とほどよい隣棟間隔、グリーンと商店街などの利便施設が一緒に計画されたため、かなり住みやすい団地となっているのです。丸の内や六本木の再開発の走りみたいなものでしょうか。

そのイケイケの時代の建物だけあって、外構も建物のデザインも結構凝っているんです。
全区画サンルーム付きという都会団地ならではの、のっぺりとした壁面、外壁から突き出たコンクリートの庇やルーバー、赤茶色の味わいのあるタイル、そして窓で構成され、理路整然と並んだ深みのあるファサード。エアコンの室外機と洗濯物だけが、生活感を醸し出しています。
思わず住棟の真正面から写真を撮りたくなる団地です。

団地内にはポケットパークほどの公園と、奇妙な形の帝国ホテル風の池。
ピロティの柱の間にある鮮やかな色のタイル模様の壁も特徴的。

そのクールな団地に、2015年10月誕生したのが、居住者専用音楽スタジオ。
その名も「CAVE」。“ほら穴”という意味です。
無骨なコンクリート現しの空間に、吉田アディムさんのカラフルなイラストレーション。
内装は、URの若手職員有志で結成された「UR DIY部」が、仕事の合間を縫って4ヶ月間でDIYで仕上げました。

耐震工事で使えなくなってしまった空き部屋を活用したスタジオは、部屋の中に4畳の練習用の防音スタジオが置かれていて、なんとアンプやカラオケ機材も完備。しかも1時間240円で借りられるというから、驚きです。利用できるのは居住者限定ですが、バンドメンバーを呼んで練習したりと、音楽好きにはたまりません。

また、「STAY+(ステイタス)」という、カスタマイズ性のあるシンプルリノベーション住宅も登場し、都会で自分らしく暮らす団地へと、変貌を遂げています。

周辺環境とアクセス/これ以上ない好立地。自転車もオススメ。

森ノ宮駅はJR環状線、地下鉄鶴見緑地線、中央線の3線が集まり、交通利便性はかなり良好。
心斎橋や大阪梅田まで15分足らずでついちゃいます。
また大阪は自転車も◎。京橋、本町、鶴橋、なんばは自転車圏内。
大阪城公園までは散歩圏内です。

周辺はどちらかというとオフィス街なので、生活感はありません。
最寄りのスーパーはサボイが中央大通沿い緑橋方面に1軒。徒歩5分といったところ。
飲食店も居酒屋中心です。
幼稚園、小学校は団地のすぐそばにありますが、中学校、高校は近所にはありません。
阪神高速を挟んだはす向かいは大病院があるので、医者の心配だけはなさそうです。

阪神高速とJRの高架に挟まれていますが、団地内は意外や静か。
昼休みのサラリーマンやOLが団地内で休憩する姿も。

都会のオアシスと呼ぶに相応しい団地です。

ココがポイント/超希少!城ビュー団地。

3号棟の西側住戸の高層階は、大阪城公園の緑ビュー。
JRの車庫とビルの先に見える希少な森ビューがかなり癒されます。

そしてその森からひょっこり顔を出す大阪城!
城自体希少なので、城が見える団地となればもっと希少です。
天守閣はちょうど10階くらいの高さ。
この高さで大阪の街を見渡していたのかーと、豊臣秀吉の気分にも浸れちゃいます。
西側はJRや地下鉄の車両基地なので、遮るものも少なく視界が抜けています。
鉄道マニア系にはこの車両基地もポイントのひとつ!?

加えて、この団地のもうひとつのポイントは、屋上。

都会団地ならではのサンルームが苦手な方は、屋上に上がってみて下さい。
通常は団地の屋上は管理上、立ち入り禁止が多いですが、都会団地はバルコニーがないので、実は屋上を開放している場合があるんです。

なんじゃこの謎の遺跡風の場所は?!と思わずテンションが急上昇。

背に高い換気塔が遺跡のように何本も整然と立ち並び、その間は隙間なくグリッド状に洗濯物干しが備え付けられています。服も布団も干し放題!京橋方面には高層オフィスビル街が望めます。なんか無駄に寝転がって、空を見上げたくなる屋上です。

借り方のコツ/城ビューでも団地ビューでも。

中廊下型の住棟で、2DK40平米前後が中心。洗濯機の置き場がないのが難点な間取りです。(排水は浴室に流せるようになっています)

ただビューは格別。
大阪城公園の緑・城ビューをお望みなら、3号棟の西側住戸の高層階がオススメ。
でも気に入ってしまったのは、真正面から住棟を望むビュー。
3号棟の東、4号棟、5号棟の西側住戸から見えます。
この団地ビューもなかなか圧巻な風景です。
住棟間の間隔が広いので、対面のおうちが見えて気マズい感じは……まあまあ薄いです。
JRや高速道路の音が気になるという方は、1号棟がいいかも。

暮らしを楽しむリノベーション住宅「STAY+(ステイタス)」が森之宮団地に2タイプ登場。

チョークアートを楽しめて伝言板にもなるチョークペイントウォールや、ネジの打ち込みもOK、工具や自転車パーツを引っ掛けてウォールアレンジが楽しめる有孔ボードが設えられています。キッチンを仕切るスノコ状の壁は、柱に止めたネジに道具を引っ掛けて見せる収納に。
麻畳や木の質感が引き立つ、シンプルなインテリア。
ただし、人気のタイプなので、空き室がないこともあります。

家も、音楽も楽しめる森之宮団地。都心で趣味を大切にしながら暮らしたい人にはピッタリです。

この団地の詳しい物件情報、入居申し込みはこちら

団地詳細情報ページ

お問い合わせ先(空室確認・住宅の仮予約・内覧・契約ができます!)
UR賃貸プラザ森之宮 06-6968-8298
(毎日 9:30~17:40)

UR団地の借り方のコツはこちら