団地詳細情報

東豊中第2団地


  • 千里丘陵の丘の上。南向きの大きな斜面。
    その高低差を活かすように建てられた団地です。
    緑豊かなこの街には、公園やスポーツ施設も充実。
    子育ての環境としてもイメージできそうです。
所在地 大阪府豊中市東豊中町5-2
家賃 50,200円~111,200円
面積 36平米~75平米
交通 北大阪急行「桃山台」駅 徒歩15分又はバス約5分 徒歩3分
築年数 1967年3月~1991年10月
総戸数 1,424戸



住棟の間隔がゆったりしていて、プレイロットや広場がいくつもあります。

敷地全体に高低差があって、周辺も団地内も緑がたっぷり。

高低差があるので、上の階では眺望が、下の階も日当たりと通風が確保されます。

住戸の前の開放感で選んでみるのが良さそうです。

プレイロットや広場がいくつも。こんな運動場のような大きな広場もあります。

こちらが無印良品の提案するMUJI×URの部屋。

洋室にリニューアルされた住戸や、レトロな内装の残る住戸など、お好みで。

DKが洋室になったタイプがお薦め。LDKになったタイプもレアですがお薦めです。

団地概要/地形の恩恵

千里ニュータウンで知られる、千里丘陵。
その丘の上にある、南向きの大きな斜面に、この団地は建てられました。

周りは、緑濃く茂る緑地が、点々と残る住宅街。
団地と、緑地、そして戸建の新興住宅街が、パッチワークされています。

斜面をそのまま活かすように造られた団地。
敷地内を歩けば、視線の変化につれて移り変わる風景が、目を楽しませてくれます。
加えて、団地内には小さな公園や、プレイロット、広場などが至る所に。
周りだけでなく、敷地内の木々も大きく育って、緑に囲まれた生活が楽しめます。

時に急峻なほどに、高低差のある敷地。
それは、住環境にも大きな恩恵をもたらします。
特に、全体が南斜面になったこの団地では、北側の住棟は、必ず前の住棟より高い位置に。
そのため、上の階では大きな空と抜ける眺望が、下の階でも日当たりと通風が確保されます。

団地の建設は、昭和40年代。(※)
住棟は、どれも5階建でエレベータがなく、階段室型と呼ばれる、典型的な団地型です。
それが緑の中に並べられた風景は、素朴で落ち着く、ゆったりした雰囲気。
ただ少し特徴的なのは、斜面に合わせて所々で1階部分がピロティになっているという点。
この部分は1階が柱だけになっていて、通り抜けたり、立ち話をしたり、子供たちが走り回ったり。
文字通り風通しの良い環境を作り出しています。

住戸の間取りとしては、一番多いのが2DKのタイプ。
他にも1LDKから、部屋数の多い4DKまでの間取りがあります。
面積は40平米台を中心に、30平米台から70平米台まで。
この年代の団地にしては、面積の大きい部屋が多めの印象。
若い夫婦など、二人暮らしから、小さい子供のいる世帯までが対象になりそうです。

(※ 151棟のみ1991年築。)

周辺環境とアクセス/バスに乗ろう

団地の最寄り駅は、北大阪急行「桃山台」駅。
そこから団地までは、歩いて15分の距離です。
でも、駅への往復には、バスの利用をお勧めします。
なぜなら、駅からの道のりには、かなりのアップダウンがあるからです。

駅を出ると、まずは軽く上り坂。そしてググーっと下って、また同じぐらい上ります。

15分の高低差は、毎日の運動としては悪くない。
なので、もちろん歩くのも良いでしょう。朝一番のウォーミングアップにも良さそうです。

でも、駅からはバスで5分。少ない時間帯でも10分間隔ぐらいで走っています。
まずは、バスがあるから大丈夫、と思っておいて、あとは天気や気分で歩いたら良いと思います。

そして、運動という意味では、団地のすぐ隣の敷地に、大きな公園が。
「二ノ切池公園」というこの公園には、温水プールや、運動広場、ジョギングコースがあります。
プールは、ガラス屋根から降り注ぐ自然光の中で泳げるという、なかなか気持ち良さそうな施設。

さらに、駅のすぐ近くには、桃山台スポーツグラウンドという運動場もあります。
こちらには、野球場や、テニスコートなど。
どちらも、緑豊かな環境の中で、伸び伸びスポーツを楽しめそうです。

それから、この住宅街を南北に縦断するように、千里緑地という緑地が残されています。
実は、それが団地のすぐ南から始まり、東側を通って北上しているのです。
先ほどの二ノ切池公園も、その中に作られた公園。
緑地の中は、手つかずの緑が残されている所が多いようなので、散策なども良いかもしれません。

そして、こんな環境ならば、小さい子供を伸び伸び育てるのに良さそう。
団地の南には幼稚園あり、西側には小学校、そして近くには中学校もあります。

また、気になる買い物環境としては、団地から徒歩10分以内にスーパーが3つ。
コープと、ピーコック、そしてマルヤスというスーパーがあります。
他にも、付近の大きめの通り沿いには、飲食店や物販店があるので、不便はなさそう。
それから、駅前にもアザール桃山台という商業施設があります。
こちらには、阪急オアシスを始め、100円ショップや、ドラッグストア、飲食店にクリニックなど。
阪急オアシスは10時半までなので、便利に使うことができそうです。

ココがポイント/環境と利便性のバランス

最寄りの「桃山台」駅からは、「梅田」駅まで約16分。
御堂筋線に乗り入れる北大阪急行は、「なんば」や「新大阪」も結ぶ、言わずと知れた大動脈。
その駅から徒歩圏に、こんな環境があるというのが、まず嬉しいポイントです。

新しい住宅街ながらも、緑がふんだんに残された周辺の環境。
それに加えて、団地内に植えられた木々も、暮らしを優しく見守ります。

そして、団地内では車と人の動線が、完全に分離されているのもポイント。
団地の中心部では、車の危険を考える事なく、子供たちが伸び伸びと遊べます。
いくつも作られたプレイロットや、広場などで走り回る子供たちの姿が印象的な団地でした。

また、全体が斜面になっているので、プレイロットや広場の視認性も良好。
みんなで見守るような雰囲気があるのも、安心感につながりそうです。

さらに、この団地は2014年から、「MUJI×UR」の舞台としても選ばれています。
これは、無印良品とURが手を組んで団地をリノベーションするプロジェクト。
「MUJI×UR」の住戸では、無印良品が提案する新しい団地の暮らしを楽しむことができます。

借り方のコツ/高低差と開放感

これだけ変化に富んだ地形に建てられた団地。
それだけに、住戸ごとに環境も様々です。

ポイントはいくつかあると思いますが、せっかく郊外の団地なので眺めや開放感で選びたいところ。

そういう意味でお薦めできそうなのが、まずプレイロットや公園、広場に面した住戸。
例えば、101、102、107、113、114、120、129、130、135、137、148、150号棟など。
これだけでも、かなり沢山の住棟があります。

また、隣の緑地に面した住棟では、目の前の景色が一面緑。
視線を気にする事なく暮らせるという点でも、お薦めです。
こちらは、110、123、124号棟など。

それ以外にも、団地の東端の住棟の東側は、隣の「二ノ切池公園」を上から眺めるような住戸。
また、敷地は北側に行くほど高台になっているので、5階の住戸では眺めを楽しむことができます。

間取りとしては、DKが洋室になった、2DK、3DKがお薦め。
一部の住戸ではLDKになった部屋もあるようなので、こちらも探してみると良さそうです。

この団地の詳しい物件情報、入居申し込みはこちら

団地詳細情報ページ

お問い合わせ先(空室確認・住宅の仮予約・内覧ができます!)
東豊中第2現地案内所 06-6840-6176
(土日祝 10:00~17:00)

東豊中第2管理サービス事務所  06-6853-4423
(月火木金 10:00~12:00、13:00~16:00 水土日祝休み )

UR団地の借り方のコツはこちら


  • 01
  • 02
  • 03
  • 04
  • 05
  • 06
  • 07
  • 08
  • 09
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 32
  • 33
  • 34
  • 35
  • 36
  • 37
  • 38
  • 39
  • 40
  • 41
  • 42
  • 43
  • 44
  • 45
  • 46
  • 47
  • 48
  • 49