団地詳細情報

千島団地


  • 大阪市の臨海エリアに構える千島団地。
  • まるでSFに出てくる軍艦を思わせるようなダイナミックで年季の入った出で立ち。その巨大な船から見渡す湾岸工業エリアの眺めは浮遊感すら感じちゃいます。無骨な表情とは反対に、スーパーや区役所も近くにあって実は住みやすい団地です。
所在地 大阪府大阪市大正区千島2-4
家賃 38,900円〜71,500円
面積 29平米〜53平米
交通 JR大阪環状線・大阪市営地下鉄鶴見緑地線「大正」駅 バス9分 徒歩1分
築年数 1972年10月~1977年9月
総戸数 2236戸



川の字状に並んだ住棟、その先に……グルグル?!

1階の庇の上にはもりもりと植物が……。

グルグルの正体。

手が届きそう!

3号棟から4号棟をみる。人工地盤のデッキ。

おーーーーーーーい!!!

内装に沖縄風の素材を使用した「めんそーれ住宅」

2DKのプラン。

団地概要/戦艦団地

水の都大阪。それを象徴する臨海部・大正区に立地する千島団地。
周辺は阪神工業地帯のコアともいえる、紡績工場や造船所のメッカ。
その一角にどどーんと超巨大な壁がそびえ立っています。

鉄筋コンクリート造のマッシブな千島団地は、
1970年代前半に建てられた高層棟全盛期時代の団地。
外観は、装飾的要素を削ぎ落としたストイックなデザイン。
水運豊かで渡船や鉄橋が多数あるエリアらしく、エレベーターの塔屋のユニークなカタチのせいか、なんだか戦艦っぽい。5棟の戦艦が、森のまわりに船尾を並べて建っていて、港からそのまま碇泊してしまったかのような住棟配置です。

それ故か、団地の外観はちょっと厳つい感じを受けなくもないですが、
その中で子供が遊んでいる風景とかおじいちゃんがベンチで休んでいる感じは悪くないです。

団地内には1号棟と5号棟の間に市立の保育園があり、小学校、中学校も徒歩5分圏内。
子供たちがあちこちで遊んでいたり、子育てママが散歩していたり、子育て環境もかなりいい感じです。

4号棟の1階にはスーパーや郵便局もあります。

また、団地の重量感と対照的なのが、団地の隣には昭和山という巨大な森。
はじめに配置図を渡されたとき、なんだこのグルグルマークは!?と思わず二度見。
というのも、この山は人工の山。
今から40年前の1970年、大阪万博のため整備された市営地下鉄建設の際に、掘った土で造られたそうです。

今では植樹された木がモリモリと生い茂り、窓から手を伸ばせば届いてしまいそうなほどボリューミー。

また、沖縄出身者が人口の1/4を占める大正区ならではの「めんそーれ住宅」が登場。
沖縄の素材をイメージさせる赤瓦をイメージしたクロスや、沖縄の伝統紋様「ミンサー柄」のキッチンタイル、麻畳やカラーコーディネートも沖縄感を感じさせます。

周辺環境とアクセス/バス便が充実。周辺には生活に便利な施設も。

最寄駅はJR/地下鉄鶴見緑地線「大正」駅から市バスで9分。
大正区は、北端にあるこの「大正」駅が入口。

区内の移動は、バスか自転車。フラットな地形なので自転車移動も楽チン。
バスは、大正区を南北に貫く大正通に何本も通っているので、通勤・通学にも困りません。
最寄りのバス停「大正区役所前」からは、大正駅はもちろん、梅田・なんば・あべのへバス1本で行けます。

大正区役所や図書館はもはや敷地内のように近いです。
周辺にもホームセンターやスーパー、ファミレスなどが密集しており、生活にはかなり便利です。大正区南西の鶴町には、IKEAもあります。

何より、大正区の魅力は、水辺に囲まれたアイランドのような地形。
西に尻無川、東に木津川、南は大阪港に面しています。
尻無川、木津川には、渡船という橋代わりの無料船も健在。
この渡船は自転車も乗せられるので、お隣の港・西成・住之江区に渡るときにも便利です。

昭和山山頂は、天保山にも負けない大阪港に沈むサンセットが望める穴場スポット。
夕暮れはトラス橋の港大橋がシルエットで浮かび上がります。

また、団地の南には平尾商店街という沖縄タウンがあります。
駅前にも沖縄料理屋が多い大正区ですが、よりディープな沖縄料理が楽しみたい方は平尾商店街へ。大正時代に移住してきた沖縄の人々が多く、街にはどことなく沖縄の陽気なムードが漂っている気が……。

なにかとディープな大正ライフを楽しんでみては?

ココがポイント/50m走できる廊下!?(実際は走ってはいけません)

この団地はヒューマンスケールというやつを完全に無視してくれちゃってます。
団地の巨大さを実感するには、まずこの共用廊下の端に立ってみて下さい。
すごーい向こうの方に見える光の点。
50mは優に超えてそう……。
思わず端から端まで駆けてみたくなります。

その廊下には露出した排水管や窓の鉄格子がまたなんともレトロ感を醸し出しています。

この巨大な住棟以外にも敷地内には、
並外れてデカいプレイロット、フットサルは余裕でできるグラウンド、3号棟の最上階空中にやや張り出した集会所、ガランドウの1階のピロティ……。
3号棟と4号棟の間は立派な人工地盤になっていて、歩車分離が図られています。

そしてなにより、人工物と自然のコントラスト。
ピロティの屋根が緑化され、植物がつたのようにだらっとはみ出しています。
人工物の団地が自然に浸食されている風景が、昔まんがでみた未来都市のよう……。

借り方のコツ/森ビューか、運河ビューか。

間取りのバリエーションはかなり豊富。1DKから3DKまで5タイプもあります。
また、ステージセレクトという、お部屋が簡単に増やせる1DKプランもあります。
一人暮らしから二人暮らしに、荷物が増えてきたときに、簡単に1部屋増やせます。
沖縄テイストの「めんそーれ住宅」は2DK、1LDKの2タイプ。
籐柄の床やアジアンクロスを使ったエキゾチックな2DK、赤瓦やミンサー柄など伝統素材をあしらった1LDK。好みのテイストが選べます。

建物の背が高いせいなのか、全室バルコニーではなくサンルーム。プランはスタンダードな団地プランですが、欄間のすりガラスが憎い!廊下側のダイニングまで十分明るいです。

高層階の住戸なら、住棟によって森ビュー、湾岸の工業地帯ビュー、運河ビューなど様々です。
たとえば、1号棟東側の住戸は湾岸の工業地帯ビュー、西側は森ビュー、4号棟の西側は運河ビューです。この辺りでは珍しい超高層物件なので、夜景の素晴らしさはお約束します。

この団地の詳しい物件情報、入居申し込みはこちら

団地詳細情報ページ

お問い合わせ先(空室確認・住宅の仮予約・内覧ができます!)
千島団地現地案内所 06-6554-1280
毎日(水曜休) 10:00~17:00

UR団地の借り方のコツはこちら