団地詳細情報

金町駅前団地


  • その名が表すように、まさに駅前に立地する団地。
  • 堂々たるその姿には、ほれぼれしてしまいます。
  • しかも駅前にありながら、緑が溢れる広場や遊び場。
  • 周辺も河川敷や、大きな公園などが充実。
  • 上層階からは、眺望の抜けも楽しめます。
所在地 東京都葛飾区東金町1-36
家賃 56,400円〜101,500円
面積 30平米~53平米
交通 JR常磐線「金町」駅 徒歩2分/京成金町線「京成金町」駅 徒歩4分
築年数 1968年4月~1968年7月
総戸数 1,417戸



南側(図面左下)が駅。駅前の東急ストアが1号棟にあり、そこから東(右)へ2、3、4号棟と続きます。

駅前!? と、目を疑いたくなる風景です。手前が大きな遊び場で、その向こうに唯一背の低い3号棟があります。

2号棟の端正な姿には、ほれぼれしてしまいます。建物の周りに広い空間が取られているのも、独特な空気感をつくりだしています。

駅前から。小さめのロータリーを越えた正面に東急ストア。その奥に見えている1号棟と一体の建物です。

2号棟と4号棟の間は緑がたっぷりで、のんびりしたくなる場所です。

こちらは1号棟と2号棟の間の広場。駅前の喧騒と隔てられた広い空間は、ミニマルでかっこいい。

2号棟にある角部屋のタイプ。開放感と明るさに驚かされます。

上のタイプの間取り(反転タイプ)。仕切りを開け放して使うと気持ち良さそう。

団地概要/駅前の貫禄

電車から駅のホームに降り立てば、目の前にはずっしりと貫禄のある姿で構える建物。
まさにその名にある通り、駅前からすぐに、この団地の敷地が始まります。

人で賑わう「金町」駅を出れば、北口には小ぶりなロータリー。
その正面には、スーパー東急ストアが待ち構えています。
実は、ここもすでに団地内にある建物の1階部分。
ちょっと変形ですが、そこからつながる左手の大きな建物が1号棟。
正面右手には2号棟が見え、さらに広場などを挟んで、4号棟まで建物があります。

今では、下町的な雰囲気と新しい建物が混在する住宅街、というイメージのこの駅。
かつてここには駅の南側に住宅街、北側に大きな工場と田畑が広がっていたようです。

その工場が移転した跡地を、当時の公団が取得して建てたのが、この金町駅前団地。
裏に広がっていた田園風景も、今ではすっかり住宅街へとその姿を変えています。

少し前の時代まで、都市部やその周辺にも、大きな工場が点在していました。
それが地方へと移りだし、公団はその跡地を利用して団地を造り始めます。
そんな動きの、都内での最初期の取り組みによってできたのが、この団地でした。
さらにそれは5階以下が中心だった団地の建物が、高層化し始める時期とも重なります。

どちらにとっても先端的な事例だったこの金町駅前団地。
新しい取り組みにかける心意気のようなものを、この団地からは感じることができます。
堂々たる姿の建物たちも、当時はシンボリックなものとして人々の目に映ったことでしょう。
特に2号棟の幾何学的で無駄がなく端正なデザインは、特別な存在感を放っています。

ゆったりと、充分な間を空けて建物が配置されているのもこの団地の特徴のひとつ。
そして、敷地の北側には1棟だけ5階建てと、低く抑えられた3号棟が。
背後に続く住宅街と、スケールを合わせようという気遣いが感じられるようです。

その3号棟の前には、大きな広場と遊び場が確保されています。
駅目の前にして、緑が豊かに茂るこの環境が保たれているのも団地ならでは。
近隣の人たちにとっても、憩いの存在になっているようです。

住戸のサイズとしては、50平米前後の広さが中心。
間取りは2DKが多く、1LDKなども一部に見られます。
また、「リニューアルi」という現代的なスタイルに一新されたタイプも用意されています。

周辺環境とアクセス/公園なども充実

何度も言うように、アクセスというよりも“駅前”と表現した方が正しい立地。
最寄りの「金町」駅は、常磐線の駅ですが実際には全てが千代田線への乗り入れ。
大手町から日比谷、あるいは赤坂、表参道方面へ直通です。

そしてもうひとつ。駅の南側には京成金町線の駅が。
こちらは、都内では希少な単線での運行。車両も4両で、3駅だけの路線です。
次の駅はあの「柴又」駅で、その次はもう終点の「京成高砂」駅。
ここで京成本線と北総線に乗換えができます。

金町駅の周辺は、いくつもの商店街があり、特に駅前はいつも賑わいをみせています。
チェーンのファストフードやドラッグストア、携帯ショップなどに混ざって個人店も充実。
買い物から飲食まで、日常のアレコレは駅周辺で足りそうです。
北口には東急ストアに加えてイトーヨーカドーも、そして南口にはマルエツがあります。
他にもホームセンターや図書館などもあるので、平日も休日も便利です。

そして、周辺に保育園や幼稚園がかなり充実しているのも、この街の特徴。
間取り的に大きな子どもは難しそうですが、小さなお子さんなら子育てにも良さそうです。

少し広域では、団地の東側数百mのところに江戸川が流れています。
河川敷には野球場や、ゴルフコースなどが。
そして北に20分ほど歩けば、広大な水元公園があります。
ここは、「都内で唯一水郷の景観をもった公園」ということで、水辺を楽しめる公園。
中には、せせらぎ広場、バードサンクチュアリーからバーベキュー広場、キャンプ場まで。
四季折々、家族でたっぷり一日楽しめそうです。

ココがポイント/意外なゆとり

団地を訪れて驚くのは、なんといってもゆとりのある建物の配置です。
駅前の喧騒を抜けるとすぐに広がる、大きな広場。
さっきまでの人混みがうそのように、ゆったりとした時間が流れています。

特に、2~4号棟に囲まれた広場と遊び場は、豊かな緑が魅力的な空間。
住人どうしがおしゃべりしたり、お母さんが子どもと遊んだり。
便利なこの立地で、こんな空間が楽しめるのはかなり貴重といえそうです。

周辺に広がっているのは、低層の住宅街。
背の高い団地の建物からは、見晴らしも期待できます。
特に東側には、江戸川の河川敷に茂る緑が見え隠れ。
のんびりした気分が味わえます。

そしてなんといっても一番は、買い物などの便利さと、公園などの充実度のバランス。
一度駅前の便利さに浸ってしまうと、抜け出せなくなりそうでちょっと怖いです。

借り方のコツ/意外な角部屋

3号棟以外は、規模の大きい建物が並ぶこの団地。
シンプルな外観が物語る通り、同じ大きさの住戸が連なっています。

そんな中に、意外な角部屋がありました。
それが2号棟の南西と、南東の角の住戸。
特に上の方の階になれば、2方向の開放感に加えて眺望も楽しめます。
部屋に入った瞬間、この明るさと開放感に思わず声が出てしまいました。

それ以外でも、1、2、4号棟の上層階であれば、開放感は約束されているようなもの。
特に、1号棟西側と、4号棟東側であれば、遥か先まで見晴らす眺めが楽しめます。

それから、真南を向いている3号棟も、目の前には大きな遊び場と広場。
広がりと奥行きがあり、木々の茂る“大きな庭”のような空間を眺めることができます。

この団地の詳しい物件情報はこちら

団地詳細情報ページ

お問い合わせ先(空室確認・住宅の仮予約・内覧ができます!)

UR賃貸ショップ北千住 03-5244-2877
(9:30〜18:00 水休)
UR青戸現地案内所 03-3603-7899
(10:00〜17:00 水休)
金町駅前管理サービス事務所 03-3609-1800
(9:30~12:00、13:00~17:00 水日祝休み )

UR団地の借り方のコツはこちら


  • 01
  • 02
  • 03
  • 04
  • 05
  • 06
  • 07
  • 08
  • 09
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23