団地詳細情報

藤沢台第5団地


  • テラスハウスだけで構成された、ここ藤沢台第5団地は、いわゆる「団地」イメージから少し離れ、新興住宅地の一街区といった雰囲気。
  • のんびりと静かな環境の中、各住戸や庭からのぞく様々な光景が、のびやかな暮らしを予感させます。
所在地 大阪府大阪市富田林市藤沢台2-2
家賃 70,000円〜89,000円
面積 84平米〜99平米
交通 南海高野線「金剛」駅から南海バス約10分又は近鉄長野線「富田林」駅から近鉄バス約10分 「藤沢台二丁目」又は「藤沢台五丁目」下車徒歩約3分
築年数 1985年4月
総戸数 219戸(UR賃貸のみ)



テラスハウスがぎっしりと建ち並び、小さな町のよう。

植栽に溢れた住棟間の小道は、なかなか魅力的。

棟によって表情に変化があります。

敷地の回りを走るバス。道路を挟んで向かいは公園です。

庭をもてる喜び!庭から入る玄関タイプもあります。

ポストや玄関など、海外の雰囲気を感じ取れる場所も。

3階建ての住戸にはルーフテラスが!

3階建ての間取り一例。風通しがよさそうです。

団地概要/住み手がつくる個性

画一的という言葉は、団地のかっこよさを表わす形容詞のひとつでもありますが
この団地を見て回って程なく感じたのは、いい意味で画一性が希薄なこと。

テラスハウスだけで構成されているせいか、わかりやすい「団地感」がまずないのと
棟ごとに色や形がバラバラで、外観が統一されていないという意外性があります。

3-4戸で一棟を成す比較的小さなテラスハウスなので
一棟あたりが大きめの戸建くらいのサイズとなり、敷地内に建ち並んでいます。
その風景は、いくつかのハウスメーカーの住宅が混在する、新興住宅地の一街区のよう。

バラバラではあるのに、ニュートラルでこざっぱり主張の少ない建物は
そこに人が住むことで、庭や玄関周りの外部空間に変化と個性が生まれ
敷地内の植栽とともに、築年数分の豊かな風景へと成熟しつつあります。

テラスハウス型の団地は、郊外型の集合住宅として昭和30年代に大量に供給されたようですが、昭和60年築のテラスハウス型団地は、その位置付け自体が希少な存在なのかもしれません。

周辺環境とアクセス/郊外の平均点はクリア

南海高野線「金剛」駅または近鉄長野線「富田林」駅から
いずれもバスで10分、バス停からは徒歩3分ほど。
平日日中は1時間に5本、通勤時間帯は10分と待たずにバスが来て
平日に限り、最終便24時台まで深夜バスが利用できます。

ちなみに、南海高野線の急行を使えば「金剛」から「難波」までは25分と
大阪都心部への通勤は1時間圏内です。

ここ富田林市は、PLの花火大会で有名なところ。
「富田林」駅へ向かう道の途中には、予想以上に大きなPLの塔がそびえ立ち
「金剛」駅まで向かう道は、団地風景を避けて通れぬほど
たくさんの集合住宅が供給された地域であることがわかります。

敷地を囲むのは、公立の小・中・高等学校と緑豊かな藤沢台公園。
病院や保育園、スーパーも近くにあり、車を5分ほど走らせれば
イオンやユニクロの入る大型ショッピングセンターも利用でき、と
生活にも子育てにもさほどの不便はなく、郊外の平均点は問題なくクリアしているでしょう。

ココがポイント/団地で見つけた自由、DIY

テラスハウス最大の特徴は、なんといっても専用庭。
公と私の交わる庭を介して、人との繋がりが生まれ、季節を肌で感じ…と
地に足着いた戸建感覚は、さながら持ち家の気分に。
3階建ての住戸だけ、最上階にルーフテラスというオマケもつきます。

そして、この団地ならではの特徴として
知る機会の少なかった、3つの制度が設けられています。

1. セカンドハウスとして借りることができる
2. 親族以外の人とシェアして住むことができる
3. 借主が行うDIY(模様替え)が認められ、原状回復義務が免除される
(ただし、DIYは一部指定住戸のみ、1.2.の制度と併用は不可)

個別にルールや条件はあるので、なんでもありってわけではありませんが
壁や床を張り替えてみたり、オリジナルの棚を作り込んだりと
団地で、しかも賃貸で、自分好みの改装が許される日がくるとは!

雰囲気にも制度にも、ちょっとした自由を与えてくれるこの団地は
人と関わることや、自分らしく色のある生活を送ることに前向きな人にとって
希望の見える場所。やる気と根性で、理想の我が家をつくってみたいです。

借り方のコツ/我が家の顔を選ぶ

高さのない建物、どの部屋も窓の向きは大きく変わらないので、
眺望の面で、この棟がベストというのは特にありません。

大型の集合住宅と違って、「外観=我が家」の関係性が濃厚なこの団地では
強いて言うなら、初見のインスピレーションを優先してみてはどうでしょう?

外観や庭、玄関や植栽、他の棟との位置関係など
自分の思う「我が家」をつくれるかどうかその相性は
外から眺めて感じる印象が、ここではずいぶんと大事なもののように思えます。
毎日帰ってくる場所として、ほっとできる我が家の風情は?という視点。

ルーフテラス付き(3階建)住戸へのこだわりと
庭側アクセスの玄関(敷地内北側に並ぶ住戸一列)を好む場合
はたまた、内装の自由を楽しめるDIY住戸を狙い撃ちするなら
選択肢が狭まるので、募集タイミングを見逃さないよう注意が必要です。

室内はちょっとずつ雰囲気が違うので、現況有姿での引渡しを念頭におき
自分好みの間取りや内装に近い部屋のほうが当然ベター。
でも、基本は外観優先で!

この団地の詳しい物件情報、入居申し込みはこちら

団地詳細情報ページ

お問い合わせ先(空室確認・住宅の仮予約・内覧ができます!)
藤沢台第3団地現地案内所 0721-29-9414
(土日祝 10:00〜17:00)
管理サービス事務所327号棟 0721-29-9245
(月火木金土 10:00〜12:00 祝日休)

UR団地の借り方のコツはこちら