団地詳細情報

千葉ニュータウン 内野団地


  • 千葉県北総地域の西に位置する千葉ニュータウン。
    そのニュータウン内にある、内野団地。
    背が高くてスラッとしたタワー型住棟、ちょっとふっくらとした低層の階段室型住棟など、様々なタイプの住棟が建ち並んでいます。
    また一部、DIYが出来る住戸もあり、自分で内装に手を加えることが出来ます。
    周りには田んぼや畑が広がり、敷地内にも樹々が植えられ、生活に必要な施設もたくさんあるので、のどかな環境で、静かにのんびりと暮らしたい方にお薦めの団地です。
所在地 千葉県印西市内野2-5
家賃 56,000円〜89,600円
面積 51平米〜107平米
交通 北総線・成田スカイアクセス線「千葉ニュータウン中央」駅 徒歩13分又はバス3分 徒歩1分
築年数 1984年4月
総戸数 731戸(UR賃貸のみ)



同じようなかたちの住棟が建ち並び、住棟の間には樹々が植えられています。

ちょっとぽっちゃりした住棟や、すらっとした住棟などなど。

起伏をそのまま生かして、住棟が建てられています。

敷地内を通る道は、樹々がいっぱい。

各住棟との間隔がゆったりとしています。

シャープな印象の高層住棟は、景色のアクセントになります。

室内の様子。一部の住戸では、入居者によるDIYが可能で、自分好みの部屋に改装出来ます。

高層住棟の間取り一例。他にも様々な間取りがあります。

団地概要/この街で暮らす。

ここは、千葉県北総地域の北総台地。
東西約18km南北約3kmにわたる1,933haという土地に開発された、この千葉ニュータウンは、高度経済成長に伴う大都市の過度の人口集中を改善することを目的につくられました。

昭和45年から造成され始めたこのニュータウンは、大きく6つのエリアに分かれていて、そのエリア内にいくつもの団地がつくられています。

昭和59年から入居が開始された、この内野団地はニュータウン内でも、割と古株。
だからなのか、この団地は、もともとの地形を生かすように住棟が建てられています。

谷だったところは道になり、斜面に沿うように階段が作られ、その先には、土地にポンと置くように、様々な住棟が建ち並んでいます。

多くは低層の階段室型住棟なのですが、部屋の間取りによって住棟の外観やかたちが異なっているので、ふっくらとしたかたちやシャープなかたち、レンガや塗装の外壁などいくつかの種類があります。

そして、似ているようで少しずつ表情の違う低層棟の中に、背が高くてスラッとしたタワー型住棟があったり、住棟の間に樹々があったりして、風景のアクセントになっています。

また、このニュータウンは、もともと田園風景が広がっていた地域にあり、今もニュータウンのあちこちには田んぼや畑、森が残っています。

そして団地のすぐそばにも調整池や公園があり、部屋にいるだけで、ゆっくりと流れる時間を感じ取ることが出来ます。

この団地内には小学校や幼稚園、スーパーやドラッグストア、診療所から産婦人科などの医療施設がそろっていて、さらにニュータウン内には他にも企業の社屋や研究所などの施設もあります。

穏やかな窓からの景色を眺めながら、のんびりと暮らしたくなるこの団地。
場所を選ばない仕事だったら、この街で生活を完結させることだって出来そうです。

周辺環境とアクセス/生活が完結する街

千葉県の北部にある、このニュータウン。
首都圏においては、多摩ニュータウン、港北ニュータウンに次ぐ3番目の規模です。

ニュータウン内には、北総線・成田スカイアクセス線が停車する駅がいくつかあり、この内野団地の最寄りは、「千葉ニュータウン中央」駅。団地から駅までは、徒歩だと13分。千葉レインボーバスだと3分の距離で、およそ15分間隔でバスが出ています。

北総線・成田スカイアクセス線は、一部が都営浅草線、京成押上線、京浜急行に乗り入れしているので、成田スカイアクセス特急利用で日本橋まで乗り換えなしで38分、成田空港まで26分で行くことが出来ます。

また、この団地の西側には調整池、北部には県立北総花の丘公園、東側にスーパーや病院など生活に欠かせない施設があり、特に団地東側には、病院がたくさん。内科、歯科、産婦人科やデイケア施設、薬局があります。

ニュータウン内、団地内も、生活にも子育てにも、さほどの不便はなく、むしろ生活が完結しそうなくらい、施設が充実しています。

ココがポイント/のんびりと、自由に暮らす

生活に欠かせないお店、学校、病院、郵便局などの施設が充実しているこの団地。
お母さん、お子さんはもちろん、お父さんの仕事も団地の近くだったり、場所を選ばない職業だったら、自然が豊かで静かな環境のこの街で、一日の生活を完結させることが出来そうです。

さらに、この団地内の一部の部屋は、借主が行うDIY(模様替え)が認められ、原状回復義務が免除されています。

改装は、なんでもありというわけではありませんが、壁や床を張り替えてみたり、棚を新たに取付けたりと、自分の空間をつくることができます。

必要なものを少しずつ付け加え、汚れたりしたら手入れをしたりと、自分の家をつくっていく生活が、賃貸で出来るのは楽しいだろうなと思います。

この団地なら、静かにのんびりと、自由気ままに、そして生活にストレスなく暮らせ、子どもものびのび元気に育ちそうですね。

ちなみに、セカンドハウスとして借りられる住戸、親族以外の人とシェアして住むことができる住戸もあります。週末や長い休みを過ごす場所として借りるのも、日々の生活が楽しくなりそうです。

借り方のコツ/窓先の景色を選ぼう

この団地にある住棟は、主に低層の住棟で、その中に高層の住棟がいくつかある、という構成です。

まず、低層の住棟はあっちを向いたり、こっちを向いたりと、住棟の並び方が様々です。
そして、住棟の間には樹々が植えられ、窓先の景色が部屋それぞれで違います。

もちろん、高層の住棟からの景色も様々です。
周りには田園風景が広がっているので、高層の住棟からの景色ものんびり。
借主が行うDIY(模様替え)が認められた住戸が、高層の住棟にあるので、自分で手を加えた生活をしたい方は、高層の住棟からの景色も合わせて選ぶと良さそうです。

また、低層の住棟で、1階にある一部の住戸には、専用の庭が付いています。
自分好みの樹々や花、野菜などを育てたい方にも嬉しいですね。

本当に色々なタイプの部屋があるので、自分が好きな景色、趣味から、お部屋を選ぶのが良さそうです。

この団地の詳しい物件情報、入居申し込みはこちら

団地詳細情報ページ

お問い合わせ先(空室確認・住宅の仮予約・内覧ができます!)
千葉ニュータウン原山現地案内所 0476-46-3344
(月火木金土日 10:00〜17:00)
千葉ニュータウン内野管理サービス事務所 0476-46-2087
(月火木金土 9:30〜12:00 13:00〜17:00 水日祝休)

UR団地の借り方のコツはこちら


  • 01
  • 02
  • 03
  • 04
  • 05
  • 06
  • 07
  • 08
  • 09
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 32
  • 33
  • 34
  • 35
  • 36
  • 37
  • 38
  • 39
  • 40
  • 41
  • 42
  • 43
  • 44