団地詳細情報

東坂戸団地


  • 団地を流れる小川、ゆったりと建ち並ぶ中層の建物、そして建物と同じくらいの高さの樹々。
  • しかも、連なる樹々の多くは、桜。
  • 春、この団地は桜の開花と共に賑やかさを増し、輝きだします。
所在地 埼玉県坂戸市東坂戸1 他
家賃 34,000円〜67,400円
面積 36平米〜81平米
交通 東武東上線「若葉」駅バス7分 徒歩1分
築年数 1977年3月〜1979年4月
総戸数 1411戸



東西に長い団地に小川が流れ、建物は規則正しく建っています。

中層の住棟に、大きく育った樹々。

調整池もあり、自然が豊かです。

敷地内を通る小川は、桜がいっぱい。

窓の先に桜が見えると、自然と幸せな気持ちになります。

桜並木の目の前に建つ住棟も。

室内の様子。レトロで愛くるしい内装です。

間取り一例。

団地概要/桜舞い散る団地。

越辺川支流の小さな川がいくつも流れ、田んぼや畑が広がるこの地域。

そんなのどかな景色が周りに広がる、この団地。
東西に長い敷地内を、小さな川が流れ、川に沿うように住棟が建てられています。

比較的、住棟の間隔はゆったりとしていて、住棟の間には樹々が枝を広げます。
竣工時に植えられた樹々は、月日と共に大きく育ち、中層の建物と同じくらいの高さになるまで大きくなりました。

しかも、この敷地内に植えられた樹々の多くは、桜の木。

桜並木が綺麗な団地はいくつかありますが、敷地内の様々な場所に桜の木が植えられているのは、この団地の大きな特徴です。

それに、川沿いに植えられた桜は並木をつくり、まるで桜のトンネルのよう。
そこだけ、頭上に広がるのは青い空ではなく、薄いピンク色の空なのです。

本当に、美しい。
「春が終わらないでいてほしい」と、思うほどの景色です。

ゆったりと建てられた住棟も、前ならえをしている中に、みんなと違う方向を向いた住棟もあって。団地全体がどこか人間味のある風景をつくり出し、ここで暮らす人たちを優しい空気で包んでくれているようです。

もちろん、窓から桜を眺められる部屋もあって、春には特等席でお花見も。
レトロで愛くるしい内装を残した部屋の様子が、桜の爽やかさに拍車をかけ、ここでの暮らしを心和やかにしてくれそうです。

また、桜が散った後も、黄緑色の若葉から赤く色づく紅葉まで、一年を通して季節の移り変わりを感じ取れるのも、嬉しいポイントです。

敷地内には調整池があり、団地のすぐ横には自然林も。身近なところに親しみやすい自然が広がっていて、晴れた日はのんびりと、散歩して歩くのが楽しみになる団地です。

周辺環境とアクセス/駅からは、バスでのんびりと。

敷地内に多くの樹々が植えられ、自然豊かなこの団地。
実は、自然豊かなのは団地の敷地内だけではなく、田園風景が広がる団地の周りにも自然林が多く残っています。

そんなのどかな場所にあるためか、最寄りの駅から団地まで歩くのは、ちょっときついです。

この団地の最寄り駅は、東武東上線の若葉駅。
駅東口のバスとタクシーのロータリーにも大きな桜があって、可愛らしい駅です。

駅前は静かでのんびりとしているので、決して賑やかではありません。

そんな若葉駅から団地までは、バスで7分。
団地に向かうバスは、20分間隔で運行しています。

そして、バスの停留所は、団地内に3箇所。
東西それぞれの団地の端っこ、団地の中心と、計3箇所に停車します。

ちなみに、若葉駅から団地に向かうバスの中には、東武東上線の川越駅へ向かうバスもあります。
団地から川越駅までは20分で、川越駅と団地を繋ぐバスも20分間隔で運行しています。
休日は、バスに乗って便利な川越駅に買い物に出かけるもの良さそうです。

また、団地内にも、郵便局、スーパー、青果店、歯医者、薬局など、普段の生活に必要な施設があります。
この団地内にあるお店は、団地の中心部に集まっていて、小さなお店が賑やかな風景をつくっています。

保育園と小学校があるのも団地の中心部。
昼間は、外で元気に遊ぶ子どもの声が聞こえてきます。

そんな日常が、こののんびりとした空気が流れる東坂戸団地らしい風景でもあります。

ココがポイント/晴れた日はお外で。

とにかく、団地内、団地の周りに樹々が多く、のんびりとした風景が広がっているのが特徴的。

敷地内に沢山植えられた樹々が、冬を乗り越え、春の季節と共に芽吹き、美しい桜の花を咲かせ、川にひらひらと桜が散ると黄緑色の若葉がもさもさと育って、秋には紅葉が・・・

日々、刻々と変わりゆく景色から季節を感じながら、ここで伸びやかに暮らせるのが、うらやましい限り。

この団地に住んだら、晴れた日に外をのんびりと歩いて、自然を感じて欲しいです。
きっと、心と身体が安らかになっていくはず。

そして、こんなにも自然が豊かな団地なので、子育てにも向いているかと。
ここで子育てをすれば、自然を愛する、のんびりとした素朴な子どもに育ちそうです。

もちろん、室内の内装も、愛くるしいレトロな内装。
昔ながらの質感をそのままに、綺麗に手入れがされています。

可愛らしい内装に、窓の先には桜の木。
そんな部屋に住むのも夢じゃないというのが、心をわくわくさせてくれます。

借り方のコツ/桜の特等席。

桜の木が、目の前に広がる住棟を、狙い撃ちしましょう。
特に、団地を東西に流れる川沿いの桜並木を眺める部屋を。

おすすめは、団地の中心部にある1-22、2-24、1-25、2-11号棟。

階数は、お好みで。
1、2階の窓からは空一面の桜、4、5階は、桜の大海原のような景色が楽しめます。

他にも、団地内の至る所に桜の木々が植えられているので、お気に入りのお部屋を探すのもおすすめです。

ちなみに、団地の東側には、テラスハウスもあります。
赤い屋根が連なった建物は可愛らしく、庭も広々としています。

でも、僕はあくまで桜並木が目の前のお部屋をおすすめします。

【この団地の物件情報は、東京R不動産で紹介しています。】
http://www.realtokyoestate.co.jp/estate.php?n=8551

この団地の詳しい物件情報、入居申し込みはこちら

団地詳細情報ページ

お問い合わせ先(空室確認・住宅の仮予約・内覧ができます!)
若葉現地案内所 049-282-3327
(月火木金土日 10:00〜17:00)
東坂戸管理サービス事務所 049-283-5326
(月火木金土 9:30〜12:00 13:00〜17:00 水日祝休)

UR団地の借り方のコツはこちら


  • 01
  • 02
  • 03
  • 04
  • 05
  • 06
  • 07
  • 08
  • 09
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 09
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 13
  • 13
  • 13
  • 13
  • 13
  • 13
  • 13
  • 13
  • 13
  • 13
  • 13
  • 13
  • 13
  • 13
  • 13
  • 13
  • 13
  • 13
  • 13
  • 13
  • 13
  • 13
  • 13
  • 13
  • 13
  • 13