団地雑記帳

映画『団地』公開記念!フォトコンテスト ―結果発表―

2016年9月12日

大ヒット上映中の映画『団地』。何度でも見たくなっちゃうこの面白さをたくさんの人に知ってもらうべくフォトコンテストを開催してきました。
この度、阪本順治監督による厳正な審査が行われましたので、結果発表をいたします。

 
13724702_1052345664880890_1880461034_n(1)

最優秀賞
受賞者:kaedeさん
投稿コメント:部屋片してたらでてきたので。
少し前だけど、父母ともにシルエットだけど若い。

阪本順治監督の選評:
「団地で育った子供の視線に、生活の実感を感じた。シルエットで表情が見えない分、饒舌で想像力を駆り立てられた」

作品を撮ったいきさつ:
この写真は6年前くらいにフィルムを始めたての頃撮った写真です。
シルエットになってる2人から色々と想像できる世界になっていればと思う一方で単純に私の家族のふとした一コマの思い出写真でもあります。
また団地と言うのは独特な不思議な世界で、子ども達の鬼ごっこや秘密基地も大人の面倒くさいうわさ話も一つ一つ日常に溢れる一コマなんですが、団地やニュータウンってくくりにいるだけでそれがとてもストーリー性をもつものになる空間な気がします。

 
13534460_734438273365672_1274393736_n

いいね賞(「50いいね!」を獲得された方)
受賞者:yocosbananaさん
投稿コメント:幸せ

 
「団地と夫婦」をテーマに皆さんにご参加いただいたフォトコンテスト。
一枚一枚の写真から、団地で紡がれている暮らしの様子が伝わってきました。
大量供給、大型団地と大きなかたまりとして見られがちな団地ですが、一人と一人が出会い夫婦となって、毎日の暮らしが営まれている。そんな暮らしが積み重なって、団地が生きている。
今回のフォトコンテストを通じて、改めて団地の魅力を感じました。

そして、今年は空前の団地映画YEAR。(『団地』、『海よりもまだ深く』、『アスファルト』……)
どの映画も(団地のひいき目なしに)とても面白いです。
団地を舞台にいろいろな人の人生が交わったり、ゆるくつながっていたり、妄想してみたり、助けたってみたり……
楽しいことだけじゃなくて、辛いことも悲しいこともいろいろあるけれど、みんなが毎日を生きている。そんなたくさんの暮らしをざっくりと受け入れてくれる、器の大きな団地。

文化の秋、団地で生まれるストーリーを楽しんでみてはいかがでしょうか。

ご協力いただいた皆さま、ありがとうございました。

『団地』は全国で絶賛上映中です!
映画『団地』公式サイト

フランスの団地映画「アスファルト」

2016年9月2日

団地の映画が、なぜか空前の大豊作を迎えている2016年。
今度は海を越えてフランスから、団地を舞台にした映画がやってきました。
ほのぼのと、そしてじんわりと心に染みる、とても素敵な映画です。

ストーリーを、そしてその魅力を、ひとことで表わすのが、なかなか難しい映画です。

でも、それだけに映画でしか味わえない魅力に溢れ、そして団地が舞台だからこそ描けた時間や世界観がそこにあって、心からお薦めできる映画だと思います。

フランスの郊外にある古ぼけた団地を舞台に、淡々としたリズムで描かれる情景。
すごくドラマチックなストーリーがあるわけではありません。
いや、あります。

屋上にいきなりNASAの宇宙飛行士が不時着するし、隣の部屋に(元?)大女優(?)みたいな人が引っ越してくるし、冒頭からいきなり事故で車椅子だし。

でもそんな事件の衝撃も、団地に流れる日常のリズムは、あっという間に吸収してしまうかのようで。3つの出来事をきっかけに生まれる3つのストーリーは、交わることなく同時に、そして静かに、進み始めるのです。

420-1

愛すべき3組の主人公による、3つのストーリー。
それが、ミニマルな団地という空間の中で、同時に進行していくこの映画。

縦に連なるバルコニーが印象的な、シンプルな箱型の建物。
その連なりは、まるでフィルムのコマを表わしているかのようで、どれも同じかと思える四角い窓の中には、それぞれに生き生きとしたシーンがあるのです。

それがパラレルに進んでいくという構成は、まさに団地の日常を象徴するよう。
そしてそんなパラレルな関係に引き込まれてしまうのは、主人公たちが、相手には見せていない、もうひとつの世界を抱えているからなのかもしれません。

なぜか親の姿がない、影のある雰囲気がかっこいい少年、心を寄せる素敵な女性に世界中を旅するカメラマンだとウソをついてしまう、冴えない太った中年男、理由があって息子と離れて住んでいるおばあちゃん。宇宙飛行士に至っては、たくさんの機密を抱えているばかりか、英語もさっぱり通じず意思疎通もままなりません。

420-2

そんなひと癖もふた癖もある彼らの個性が、魅力として映るのは、舞台が団地だからなのだと、団地好きの悪い癖で、ついつい思ってしまいます。

実際、彼らの住む場所が、仮によくある分譲マンションだったりすると、「このデザインのマンションを好むこの人は……」などと要らぬノイズがフィルタになるところ。

団地というシンプルな箱に住んでいるというだけで、その人の飾らない性格や、素直な生き方が記号化されて、濃すぎるほどの個性も魅力として浮き上がるのでしょう。

そして、そんな彼らがゆっくりと心通わせてゆくこの映画に、いつしか魅了されているのです。

詳しい内容については映画を見てのお楽しみですが、お薦めの映画なので、ぜひ!

そう、映画『団地』の阪本順治監督が、「団地にはファンタジーが入り込む余白がある」と語っていたのを思い出しました。

420-0
 
最後に、パンフレットからサミュエル・ベンシェトリ監督の言葉を引用しておきます。

『アスファルト』で、私は、この手の題材を描く時に普通はお目にかからないような登場人物たちを通して、ある種風変わりなストーリーを作りたいと思っていた。一言で言うならば「落ちてくる」3つの物語、と言えるだろう。空から、車椅子から、栄光の座から人はどんな風に“落ち”、どのように再び上がっていくのか。『アスファルト』製作中、この疑問がいつも頭にあった。なぜなら団地に住む人々は皆、“上る”ことに関してはエキスパートだから。子供時代を団地で過ごした私にとって、そこでの生活で感じていたあれほどまでに強い団結力に他では出会ったことがない。

 
上映の情報など、詳しくは映画のオフィシャルサイトで。
映画『アスファルト』公式サイト

伝説の「西長堀アパート」がついに募集!

2016年2月19日

昭和33年に誕生した日本住宅公団初期の高層住宅「西長堀アパート」。
58年の時を重ねた伝説の集合住宅がついに沈黙を破る!

nishinagahori-apart

高層の市街地住宅として、建築家・前川國男が設計した東京の「晴海高層アパート」と同時期に建設され、現存する大阪の「西長堀アパート」。西長堀駅からすぐのモダンなファサードに見覚えのある人も多いはず。

竣工当時の賃料は大卒初任給の1.4倍ともいわれ、司馬遼太郎をはじめ、森光子や野村克也などの著名人が住む高級集合住宅でした。

nishinagahori-apart

高さ制限の31mギリギリで建てられた11階建ての高層住宅は、地階・1階に店舗や事務所が並び、低層階には風呂・トイレ共同の単身者向け、6階以上はファミリー向けの住宅が計画されました。

心斎橋からもほど近い都心住宅には、居住者専用のハイヤー乗り場をはじめ、エレベーター、洗面所、水洗トイレ、風呂など、当時の最新鋭設備がそろい、まさに憧れの住まいだったのです。

nishinagahori-apart

1階のピロティを抜けると、前衛画家・吉原治良の壁画がお出迎え。1階の穴あきブロックや、スリット窓が並ぶモダンなファサードは、今も色褪せることのない美しさ。

そんなビンテージアパートメントは、耐震補強工事のため2005年から募集停止されていましたが、リニューアル工事を終えいよいよ賃貸募集を再開。

竣工当時の内装を再現した、保存用の復刻住宅に加え、リノベーションされた賃貸住宅も新登場。
どちらも見どころ満載で、いよいよ今週末から一般内覧がスタートします。

nishinagahori-apart

nishinagahori-apart

nishinagahori-apart

nishinagahori-apart

こちらは保存用の復刻住宅。2DKの間取りは、今の住宅と比較しても遜色ないほど考え抜かれています。いいものは時代を超えていいと、教えてくれているかのよう。

この部屋の隣には、なんと司馬遼太郎が住んでいたそうで、西日差す部屋で創作活動にふけっていたかと思うと、なんだか感慨深いです。

nishinagahori-apart

nishinagahori-apart

こちらはリノベーションされた賃貸住戸「STAY+(ステイタス)」。
1LDKの間取りは、すりガラスが入ったドアや、レトロなドアノブなど、古いパーツを残しながら、有孔ボードや黒板の壁などでカスタマイズもできる、自由度の高いプランです。

09nishinagahori-apart

nishinagahori-apart

nishinagahori-apart

こちらは「VINTAGE SIMPLE(ヴィンテージ・シンプル)」。
竣工当時のレトロな洗面台や、押入の着物箪笥などはそのままに、現代生活に合うようにワンルームタイプの間取りへとリノベーション。置き型のバスタブ、ステンレスキッチン、ビンテージ風の床材など、スタイリッシュに仕上がっています。

nishinagahori-apart

今回は24戸の募集ですが、今後もリノベーション住戸が続々と登場するそうです!
58年の歴史を承継し、再スタートする西長堀アパート。今後も目が離せない存在になりそうです。

西長堀アパート 募集概要

<現地内覧会>※モデルルームのみ

期間:2016年2月20日(土)~23日(火)、25日(木)~27日(土)
時間:10:00~17:00(受付: 16:00)
住所:大阪市西区北堀江4丁目2番40   MAP
募集住戸:
・STAY+(ステイタス):
 1LDK/40.08㎡/家賃83,000円
・VINTAGE SIMPLE(ヴィンテージ・シンプル):
 1R/29.86㎡/家賃62,900~63,100円
・リニューアル住宅:
 1DK・2LDK/29~62㎡/家賃44,900円~84,600円
共益費: 4,300円
募集方法:初日のみ抽選、以降先着順募集に切り替え
受付:809号室(モデルルーム)

<申込受付・募集抽選会>

日時:2016年2月28日(日) 9:30~10:00(抽選:10:00)
受付場所:UR梅田営業センター
住所:大阪市北区梅田2丁目2番22ハービスエントオフィスタワー12階   MAP
電話:06-6346-3456(受付時間:9:30~19:00)

募集の詳細
西長堀アパート(UR都市機構)

白鷺団地で、昭和の暮らしにタイムスリップ!

2015年10月7日

昭和30年代に建設された当時の間取りを再現した「復刻版住宅」が白鷺団地に登場します。そのモデルルームのお披露目に合わせ「昭和レトロ博覧会」が10/10に開催されます!

shirasagi-event

団地R不動産でもご紹介している、大阪府堺市にある白鷺団地

団地の規模を縮小して、残った住棟をリノベーションしていく事業の真っ際中ですが、
解体する住戸から発見された、昭和38年の建設当時のレトロなパーツを寄せ集めて、
昭和の住宅を再現する「Again Old Home」プロジェクトが進行中。

竣工当時の間取りを、素材からつくり方までそのまま再現した「復刻版住宅」。
その完成お披露目に合わせて、
10/10(土)に昭和の暮らしにどっぷり浸れるイベント「昭和レトロ博覧会」が開催されます。

復刻版住宅は、ちゃぶ台やミシン、茶箪笥など、昭和の暮らしを再現したモデルルームに。
団地中央の広場や集会所では、ミシンや立て看板などのレトログッズ展示や、昔の遊びを体験できるコーナーもあります。

レトロビンテージ好きも、団地マニアも、ちょっと昔の暮らしに興味がある方も、
団地や昭和の時代感を体感できるイベントです。

昭和にタイムトリップしたような気分を味えるはず。ぜひお気軽に足を運んでみてください。

また現在、復刻版住宅を現代の生活に合うように改良した募集用住戸も開発中。
こちらの募集用住宅の詳細や、復刻版住宅のご紹介は改めて、コラムでご紹介する予定です。

昭和レトロ博覧会

日時:2015年10月10日(土)10:30〜17:00
場所:白鷺団地
   大阪府堺市東区白鷺町一丁24番 他 MAP
内容:
■昭和の六畳間再現
復刻版住宅モデルルームにて、ちゃぶ台やミシン、茶箪笥など昭和の居間を再現。撮影会も可能。

■なつかし商店街
集会所にて、雑貨・文具、電気店のレトログッズ展示、立て看板などを展示。

■昔なつかし遊び体験広場
団地中央の広場(パスト前)にて、ベイゴマや全長5mのコリントゲーム、メンコ、輪投げ、駄菓子屋など、昔なつかしの「下町の遊び」を体験できます。

他にも楽しいイベントが盛りだくさん!

DIY住宅紹介コラム@R不動産toolbox Vol.1

2015年9月16日

UR賃貸住宅の「DIY住宅」で素敵な改装をしている方を取材しました。
賃貸でも、こんなに自由に暮らしを楽しむことができる!
兄弟サイトの「R不動産toolbox」で紹介中です。

IMG_0194-437x288

UR賃貸住宅のフレール西経堂で、DIY住宅を借りて素敵にリノベーションをしたご夫婦。
生まれ変わったその空間と、改装中の様子を取材させていただきました。

見たら、賃貸住宅でここまでできるか!と、きっと驚いてしまうはず。

大胆な改装で、センスの良く生まれ変わった部屋。
思わずこんな所に住みたいと思ってしまうかもしれません。

記事は兄弟サイトの「R不動産toolbox」で紹介中。
気になる方は、こちらのページでぜひ!

理想の住まいを自分たちでつくる

アフターファイブガバメント祭り

2015年8月27日

アーティストの北澤 潤さんが監修をつとめる「アフターファイブガバメント」。
今週末は「アフターファイブガバメント祭り」開催です!

アフターファイブガバメント祭り

団地をフィールドにしたアートプロジェクトでもおなじみ、アーティストの北澤 潤さん。
北澤さんが監修をつとめる「アフターファイブガバメント」で、今週末「アフターファイブガバメント祭り」というイベントがあるみたいです。

場所は、団地R不動産でも紹介している国立富士見台団地のすぐそば。
団地見学を兼ねて、出かけてみてはいかがでしょう?

「アフターファイブガバメント祭り」
2015年8月28日(金)・8月29日(土)・8月30日(日)
時間:PM5:00-PM9:00
場所:アフターファイブガバメント庁舎(富士見台ストアー)とその周辺

北澤さんの活動は、こちらのコラムでも紹介しています。

北本団地商店街「アットホームデパート」開催レポート
サンセルフホテル物語 第1話「ウソのようなホントの話」
サンセルフホテル物語 第2話「うわさのしわざ」
サンセルフホテル物語 第3話「ホテルマンたちの日常的非日常」
書籍 『[団地を楽しむ教科書] 暮らしと。』
フリーペーパー 『暮らしと。』
書籍 『団地に住もう! 東京R不動産』

堀川団地「リノベ内覧会&青木純+吉原勝己リノベトーク」

2015年7月27日

住まい手が自由に改装できるリノベ住宅や、新しいタイプの出店者募集など、様々なチャレンジが続く堀川団地。第二弾リノベ住戸の住まい手募集に合わせて、8/1(土)に内覧会&トークイベントを開催。

horikawa-talk

京都・堀川団地で、8/1(土)リノベ内覧会+トークイベントが開催されます!
トークゲストは、東京でオーダーメイド賃貸やカスタマイズ賃貸で有名な「ロイヤルアネックス」のオーナー青木純さんと、福岡・天神にある「冷泉荘」のオーナーで、ユニークなショップやアトリエが続々と集まるしかけをつくった吉原勝己さん。

堀川団地出水第1、第2棟のリノベーションでは、住まい手が自由にセルフビルドできる実験住宅や、新しい西陣のクリエイティブカルチャーを牽引する、商店街の出店者募集など、様々なチャレンジが続く堀川団地。

「人をつなげ、まちを生かす」をテーマに、東・西を代表するユニークなマンションオーナーのコラボレーショントーク。

出水団地第3棟・下立売団地のリノベーションプロジェクトも始動し、堀川団地、賃貸住宅の未来がどんどん広がるトークが繰り広げられそうです。

滅多に見られない、堀川団地の内側やリノベ住戸の内覧会ツアーもありますので、ぜひこの機会に足をお運びください!

8/1(土)13:00~19:00 堀川団地「リノベ内覧会&青木純+吉原勝己リノベトーク」

※事前申込制。お申込みは2015/7/28(火)23:59までなので、お早めに!

第二弾リノベ住戸(4戸)の住民も現在募集中です!こちらもぜひチェック!

リノベーション住戸「住まい手」募集について

グリーンヒル寺田×法政大学 「おいでよ! アッと ほーむ」

2015年7月9日

グリーンヒル寺田で法政大学多摩キャンパスの学生が取り組んでいる、団地活性化の活動「@団地プロジェクト」。第5弾は七夕のお祭り、12日(日)に開催です。

法政大学多摩キャンパスの学生さんたちが、隣の団地「グリーンヒル寺田」の活性化に取り組む「@団地プロジェクト」。商店街の空き店舗を利用して開催しているイベントが、12日に開催されるみたいです。もう第5弾とは!早い!
 
このプロジェクトの立ち上げをお手伝いさせてもらったのが、ちょうど1年前。その後も順調に回を重ねて、まさに継続は力、ですね。内容も毎回充実してきているみたいで、今回はお祭り。楽しそうです。ご近所の方、ぜひ。
 
ちゃんと続くかどうか、少し心配なところもありましたが、すごく意味のある活動に成長してきていますね。きっと、重要な成功事例になることでしょう。お手伝いをした身ではありますが、こういう活動が若い学生によって続けられているってこと、なんだか勇気づけられる思いです。応援してます。

詳しい情報はこちらから。
7/12(日)13時~第5弾!『おいでよ! アッと ほーむ~七夕祭り! みんなで、楽しもう』

ダンチ・コミュニティ・コーディネーター受講生募集 @井野団地

2015年7月2日

井野団地で、取手アートプロジェクト(TAP)が、「団地の未来」を一緒に考えていく実践型トレーニングプログラムをスタート!受講生を募集します。

1507023

茨城県・井野団地で、「サンセルフホテル」や「いこいーの+Tappino」などを仕掛ける取手アートプロジェクト(TAP)が、また新たなアートプログラムを団地で展開するそうです!

ダンチ・コミュニティ・コーディネーター実践トレーニングプログラム!

団地でのアートプロジェクトの実践をもとに、団地の中から団地を面白くするしかけとコツが学べる実践講座の開講です。

コースは3つ。参加者の自由度やモチベーションに応じて参加できます。
実践者によるレクチャーコース、3ヶ月間団地に通って学ぶ実践コース、さらに期間中団地に住めちゃうレジデントコース。

プログラムの最後は、「団地での実践プラン」企画書を作成。講師陣にプレゼンし講評がもらえるそうです。

講師陣は、数多くの団地再生プロジェクトを手掛ける我らが馬場正尊をはじめ、井野団地で「サンセルフホテル」を仕掛けるアーティスト北澤潤さん、「とくいの銀行」の深澤孝史さん、彼らと共にプロジェクトを動かすTAP前事務局長の羽原康恵さんと、実践者揃い!

アートマネジメントのみならず、コミュ二ティづくりや団地再生の現場に興味のある方にオススメ。現場で役立つアイデアとヒントがたくさん得られるはずです!

締め切り間近なので、お申込みは以下のリンクからお早めにー!

ダンチ・コミュニティ・コーディネーター実践トレー二ングプログラム受講生募集!

「Premium2」と団地の秋を楽しむアウトドアクッキング【館ヶ丘団地】

2014年12月4日

秋晴れの館ヶ丘団地で、リノベーション住宅「Premium2」の内覧会とアウトドアクッキングイベントを開催しました。

度々、コラムでもご紹介している館ヶ丘団地
11月23日日曜日。秋晴れの空の下、高尾山の麓にあるこの団地で、リノベーション住宅「Premium2」の募集に合わせ、生まれ変わった団地のお披露目イベント「防災×アウトドアクッキングイベント」を開催しました。今回はその様子をレポートします。

今回のイベントには、団地の住人や、学生、初めて団地を訪れた方など、40名近い方々が集まりました。
まずは、生まれ変わった館ヶ丘団地を感じてもらおうと、団地内をぐるっとひと回り。入居募集が始まったばかりのPremium2のモデルルームでは、玄関を開けた瞬間、「わあ」と歓声が上がりました。「家じゃないみたい。まるでカフェやホテルのよう。」と、驚く皆さん。4、5階メゾネットの部屋数の多さに驚かれた人も。友だちどうしで参加された方々は、このキッチンでパーティーを楽しむ様子が目に浮かんだらしく、「この部屋借りたら毎週遊びに来るよ!」と仲間内で勧め合っている様子。「シェアで借りられないんですか?」という質問も。確かに。この贅沢なリビングダイニングを仲間でシェアしたら楽しそう。4階に個室、5階は共用のダイニング。3人でシェアしたら家賃は一人約4.3万円。そういう団地の暮らし方ってあり得るなあ、と思う場面でした。

そして、団地を歩いて回ると、あちらこちらに新しいサインが。団地内の通路が交わるところには矢印型の看板が、階段室の入口にはサインが、新しく設置されています。広大な館ヶ丘団地。何度来てもどっちにどの住棟があるのか迷います。わかりやすさはもちろんですが、仰々しくなく景観に自然に溶け込んでいるさり気ないデザイン、ちょっとした親切が、新しい館ヶ丘らしさを表しています。そして途中では、自転車タクシーに出会う場面も。

かまどベンチが設置された広場では、火起こしにチャレンジ。防災設備といっても、実際に使ってみないと分からないことがたくさんあります。かまどベンチは、元の状態では火が遠くてなかなか料理が温まりません。薪台を使って火の高さを調整したり、薪の積み方を工夫したり。そういう試行錯誤が、いざというときに必要なことを、参加者の方々にも知ってもらえたと思います。

また、防災グッズって、どんなものがあるのか、どんな風に役立つのか、という基本的なことを知らない人も多いはず。そこで、アウトドアメーカーのLOGOSにも協力を頂き、防災グッズを展示しました。ちなみに、このイベントの様子は、LOGOSのFACEBOOKページでも紹介されています。
収納しやすいようファイルサイズに納まったブックシェルフキットや、イスにもなる防災グッズが詰まった防災缶、ソーラー充電器やソーラーラジオなど、保管しやすい、目につきやすい、普段でも使える便利な防災グッズの数々に参加者も興味津々でした。

団地では、普段何気なく通り過ぎる場所も、いろんな可能性に満ち溢れています。
この日は、何もない原っぱに、ティピやテント、ハンモック、テーブルベンチなどを並べて、みんなの憩いの場所をつくりました。ポカポカ陽気の中、原っぱを駆けまわる子どもたち、落ち葉の絨毯に腰を下ろして談笑する人、昼寝をする人など、思い思いに過ごす参加者たち。普段は見られない団地の風景がそこにはありました。ハンモックやテントを置くだけで、団地は数倍楽しくなる。夏はキャンプをしようか! というアイデアが出るほど、団地の新しい発見を楽しんでいました。

美味しいアウトドアクッキングのプロデュースをしてくれた、新豊洲のBBQサイトを運営するEncubeのメンバーにも感謝。こんな風景が広がると、団地はもっと楽しくなると実感した一日でした。